ホホバオイルとは ホホバオイルの効能 ホホバオイルの作用 ホホバオイルのこんな使い方 化粧品オイルに関して 代表的な化粧品オイルの種類

ホホバオイルの効能を調査

化粧品オイルに関して

グレード(等級)

オイルには、その分類、グレードについても、原料で分類、用途による分類、成分による分類、抽出方法で分類するなど多種多様です。

例えば、ホホバオイルは、十分に熟して木から落ちた実から搾りとって作ったオイルが、その効果を発揮するのには良質、と言われていますが、原材料を無農薬栽培で育て、育てた木の実も十分に熟した良い状態のもののみを使用し、また人の手間がかかって抽出したオイルは、コストがかかっている分、当然のことながら価格が上がります。

未精製、精製回数によっても違いがあります。精製回数を多く重ねるほど、オイルは、無色、無臭に近づいていきます。「精製してしまえば分らない」と熟した木の実も、未熟な実も一緒にして圧搾するなど原料を厳選しなくてもオイルは作ることができます。

また防腐剤など薬剤が入っているかどうかも気になるところです。防腐剤入りオイルは、比較的低価格で手に入ります。しかも長持ちします。しかし、あくまでも天然成分100パーセンにこだわりたい、という方には向いていません。

また、そのオイル単品なのか、他のオイルがブレンドされているのかも選ぶ基準になります。例えば、オリーブオイルは、他のオイルとブレンドしているものは、グレードが低いとされています。

しかし、オイルの種類によっては、他のオイルがブレンドされている商品が必ずしもグレードが低いとは言えません。酸化しやすいオイルなどは、酸化しにくいオイルとブレンドさせることによって、長持ちさせることもできます。 オイルの品質によって、価格にも違いが出てきますので、使用目的、用途にあったものを選びましょう。

Copyright (C) ホホバオイルの効能を調査 All Rights Reserved