ホホバオイルとは ホホバオイルの効能 ホホバオイルの作用 ホホバオイルのこんな使い方 化粧品オイルに関して 代表的な化粧品オイルの種類

ホホバオイルの効能を調査

化粧品オイルに関して

抽出方法

植物性オイルを抽出する方法はいくつかあります。 水蒸気蒸留法は、原料となる植物を蒸留釜に入れます。水蒸気で熱し、植物の成分を水蒸気として気化させます。その後、この水蒸気は冷却管を通り、冷やされ液体になります。

液体になったところで、上に浮いた油分を取り出し、水と分離させます。この方法はアロマテラピーのエッセンシャルオイル(精油)を抽出するのによく使われています。

また、ここでエッセンシャルオイルが分離されて残った水にも水溶性の芳香成分が含まれています。この残った水をフローラルウォーター、ハーブウォーターといいます。高温の水蒸気で熱するので、熱で変質する芳香成分を抽出するのには向いていません。

圧搾法は、原料となる植物をローラーなどで潰し、オイルを抽出します。熱で変化しやすい成分を壊さないために低温で抽出されたものは冷搾法(コールドプレス)と呼ばれています。熱を加えないので、自然のままの状態でオイルを取り出すことができますが、品質劣化がやや早い、不純物が混ざる可能性ある、という特徴があります。

溶剤抽出法は、揮発性の有機溶剤を使用し、抽出します。香りの成分が熱で変質してしまうような繊細な花(ローズやジャスミン)からエッセンシャルオイルを抽出する時などに使われます。原料を有機溶剤に漬けると、芳香成分が溶け出します。その後、溶剤を揮発させると、芳香成分を含んだ植物性ワックスの固形物が残ります。この固形物にアルコールを加えて溶かし、更に揮発させると精油成分が抽出されます。

浸出油、浸出液とは、直接オイルを搾り取ることができない原料の成分を抽出する際に、他のオイルに原料となるものを漬け込み、成分を抽出させる方法で作られたものです。

Copyright (C) ホホバオイルの効能を調査 All Rights Reserved