ホホバオイルとは ホホバオイルの効能 ホホバオイルの作用 ホホバオイルのこんな使い方 化粧品オイルに関して 代表的な化粧品オイルの種類

ホホバオイルの効能を調査

ホホバオイルの作用

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、アレルギー性疾患の皮膚炎です。食べ物、生活環境、遺伝的なもの、と様々な要因で起こると考えられていますが、未だにその決定的な原因と治療法は解明されていません。0歳から20歳の思春期までに多く発症します。

今までは幼少期の疾患と考えられていましたが、現在では、生活環境の急激な変化のためか、30歳以降の大人のアトピー性皮膚炎患者も増えているそうです。一度かかると治りにくい病気です。

強いかゆみを引き起こし、熟睡することもままならない状態で、精神的に不安定になることもあります。また、肌をかきむしることで、敏感肌になったり、皮膚が厚く硬化したり、掻いた傷から細菌が入り、膿んだりすることもあります。

治療法としては、抗アレルギー剤を服用し、ステロイド軟膏やワセリンを塗ることで、症状を抑えます。また、食事療法も有効と言われています。高カロリー、高タンパクの食事は避け、身体に余分なエネルギーを溜め込まないように食事を制限します。高カロリー、高タンパク、特に動物性たんぱく質は、かゆみをひどくさせる要因になると言われています。

また、乾燥肌の人は、肌が外部刺激を直接受けてしまう肌になりやすいので、乾燥肌の人が一度身体のバランスを崩すと、アトピーや皮膚炎を発症しやすいと言われています。アトピー性皮膚炎の人の肌はカサカサと乾燥しています。また、さらなるアレルギーを起こしやすい敏感肌になってしまう人もいます。

ホホバオイルは保湿性に優れたオイルです。また、人の肌と皮脂成分が似ているため、アレルギーが起こりにくいオイルとも言われています。ホホバオイルをアトピー性の皮膚に使用する場合は、混ぜ物の無い、化学処理していないオイルの方が適していると言われています。

Copyright (C) ホホバオイルの効能を調査 All Rights Reserved