ホホバオイルとは ホホバオイルの効能 ホホバオイルの作用 ホホバオイルのこんな使い方 化粧品オイルに関して 代表的な化粧品オイルの種類

ホホバオイルの効能を調査

ホホバオイルの作用

荒れ肌

肌と言われる部分は主に角質層のことをを指しています。私たちが直接手で触れることができる表皮の部分です。この角質層は、皮脂で覆われていて、また、セラミドという脂質成分が半分以上占めています。

セラミドは、不溶性(水に溶けない)で、肌から水分を逃がさないように働いています。皮脂と水分が十分に肌の上を潤すことで、外部のあらゆる刺激から肌は守られています。しかし、この角質層が何らかの原因によって傷ついてしまうと、水分が蒸発し、乾燥肌になりやすくなります。

原因には、メイクなどの化粧品のよる刺激、過剰な洗顔による刺激、食生活、睡眠不足、ストレスなど様々な要因が挙げられます。乾燥肌が更にすすみ、肌バリア機能が弱まってしまうと、傷つきやすく、細菌や汚れなどが侵入しやすい状態になります。また、少しの刺激にもトラブルを起こすようになります。これが敏感肌です。

皮膚は通常約28日サイクルで生まれ変わります。これを皮膚のターンオーバーと言います。敏感肌は、外からの刺激を次々と受け止めてしまうため、皮膚のターンオーバーの周期が短くなっています。

角質は古くなってから自然に剥がれ落ちるのが普通ですが、外からの刺激によって古くなる前に剥がれ落ちてしまいます。そうすると皮膚は早く肌を回復させなければ、とそのサイクルを早めるのです。ターンオーバーは早くても遅くても良くないと言われています。乱れたサイクルは、皮膚を疲れさせてしまいます。

ホホバオイルは、皮脂を補うのに効果的です。ホホバオイルのケアで、肌のバリア機能を保ちましょう。

Copyright (C) ホホバオイルの効能を調査 All Rights Reserved