ホホバオイルとは ホホバオイルの効能 ホホバオイルの作用 ホホバオイルのこんな使い方 化粧品オイルに関して 代表的な化粧品オイルの種類

ホホバオイルの効能を調査

代表的な化粧品オイルの種類

オリーブオイル

オリーブの実を搾ったオイルです。オリーブオイルは、加熱処理をすることなく、果実を搾った果汁から自然に分離、搾りとることができるオイルです。主にスペイン、イタリア、ギリシャなどから輸出されています。また消費量が多いのも、この辺りの国々です。

化学加工をしていない一番搾りの中でも、特に風味香り高く品質が良いものはエキストラ・バージンオリーブオイルと呼ばれています。中程度の品質は、バージンオイルと呼ばれています。その下に「オリーブオイル」「ピュア・オリーブオイル」という品質が並びます。

オレイン酸を多く含んでおり、酸化しにくいオイルですが、紫外線で劣化するため、遮光瓶(色がついていて光を遮る瓶)に入って売られているのをよく見かけることでしょう。 また、ビタミンA、D、Eなども含んでいます。

ビタミンAは、健康な皮膚や粘膜の発達に作用します。肌のトラブル、乾燥肌、目の充血、視力低下、爪、髪、頭皮、目や鼻の粘膜を正常に保つのに効果的です。ビタミンDは、腸内でのカルシウムの吸収を促進します。

ビタミンEは抗酸化作用に優れており、老化防止や活性酸素を抑えるのに役立ちます。

食用としては、未精製の緑色~黄色のものが使用されています。ボディ、フェイスなどの化粧品用としては、クセのある香りや酸度を精製した薄黄色~無色のものが使用されています。肌に弾力を与え、炎症やかゆみ、妊娠線にも効果を発揮します。

Copyright (C) ホホバオイルの効能を調査 All Rights Reserved