ホホバオイルとは ホホバオイルの効能 ホホバオイルの作用 ホホバオイルのこんな使い方 化粧品オイルに関して 代表的な化粧品オイルの種類

ホホバオイルの効能を調査

代表的な化粧品オイルの種類

その他

ローズヒップオイルは、バラのがくの中の種子を圧搾して作られるオイルです。強い香りが特徴的です。リノール酸が多いので酸化しやすいオイルでもあります。乾燥肌、日焼け後の傷ついた肌、小じわなどに効果的。香りが強く、また酸化しやすいので、他の酸化しにくいオイルとブレンドして使うと良いでしょう。

アボガドオイルアボガドの果肉の部分を搾って作られるオイルです。未精製のオイルは、クロロフィルを含むため、グリーン色をしています。浸透性の良いオイルで皮膚をやわらかく保つ作用があります。

アプリコットカーネルオイルは、あんずの種の核から抽出します。あんずの核は漢方薬としても使われています。オレイン酸を多く含み、キメが細かいオイルです。滑りがよいので、肌への刺激を抑えたいフェイシャルトリートメントに向いています。

日本にも優れたオイルが存在します。それは、椿油です。椿の種子から抽出します。日本では、昔から髪の手入れ、家具の艶出しなどに使われてきたオイルです。酸化しにくく、揮発性も少ないオイルです。未精製のものは、黄色で、粘性があります。

よく精製されたものは薄黄色~無色で、さらりとしています。主成分は、オレイン酸80パーセントで、パルチミン酸も含みます。パルチミン酸は皮膚の代謝促進を促すと言われています。

髪のケアで有名な椿オイルですが、肌への浸透性も良く、保湿効果が高く、静電気も予防します。また、オイル自体も酸化しにくいのですが、皮脂の酸化も抑えるとも言われています。 べとつく場合には、軽めのオイルとブレンドして使用します。

Copyright (C) ホホバオイルの効能を調査 All Rights Reserved