ホホバオイルとは ホホバオイルの効能 ホホバオイルの作用 ホホバオイルのこんな使い方 化粧品オイルに関して 代表的な化粧品オイルの種類

ホホバオイルの効能を調査

ホホバオイルとは

ホホバオイルの特性

ホホバオイルの特性としては、品質安定性、耐久性、殺菌性などが上げられます。

ホホバオイルは、10℃前後で固まり始め、5℃前後で凝固します。従って冬場は常温でも凝固することもあります。その場合は保存容器をぬるま湯に浸す、温めたタオルで包むなどして温めると元に戻ります。

ホホバオイルは、凝固、溶解を繰り返しても品質に変化が無いという品質安定性において優れています。また酸化の早い脂肪酸の含有率が低いために酸化しにくいのが特徴です。

天然油脂類の中には、例えば、ピーナッツオイル、月見草オイル、リノール酸が多く含まれているローズヒップオイルなど、人の肌に対して有効成分も多いが、酸化が早いものもあります。ホホバオイルの酸化速度は、オリーブオイルの4倍遅いと言われています。

また、バクテリアに対しても強いので、長期保存が可能です。(しかし、例えば、保存容器のふちについた雑菌が中に入り込んで、黒い粒のように浮かんでいる、つまり保存容器の中で、雑菌が繁殖した状態になる、ということはありますので、清潔な手で取り扱うことを心がけて下さい。保存の際はご注意ください)

また、ホホバの分子構造は人間の肌と非常によく似た油脂分を含んだ角質で構成されているので、人の肌にとてもなじみやすいのも特徴で、多くの植物を調査した結果においては、人肌と同じ油脂成分を含む植物は、ホホバが一番多いとも言われています。

Copyright (C) ホホバオイルの効能を調査 All Rights Reserved