ホホバオイルとは ホホバオイルの効能 ホホバオイルの作用 ホホバオイルのこんな使い方 化粧品オイルに関して 代表的な化粧品オイルの種類

ホホバオイルの効能を調査

ホホバオイルとは

成分

ホホバオイルには、様々な天然成分が含まれています。一般的には「オイル」と呼ばれていますが、化学的には「ロウ(液状のワックス)」ということになります。

含有成分は、ワックスエステル、ビタミンE、ビタミンA、カロチノイド、ステアリン酸,アラキン酸,パルミチン酸、オレイン酸、リノレン酸、エイコセン酸、ベヘン酸、エルカ酸などです。90パーセント以上が、ワックスエステルです。

これらの含有成分は、用途別精製方法や抽出方法によっても違ってきますので、選ぶ際には、その製品についている成分表を参考にすると良いでしょう。

ホホバオイルの成分の中で、最大の特徴は、人間の肌を構成している油脂主成分の一つであるワックスエステルとホホバのワックスエステルは同じ成分であるということです。人間の肌の角質には、ワックスエステルが30パーセント程度含まれています。ワックスエステルとは、油脂状の物質で、融点が高く、一般的には中性脂肪より化学的に安定していると言われています。

人の肌の角質は、皮膚のバリア層となって、身体を保持しています。この角質層があるために、私たちの皮膚は、有害な物質が簡単には通り抜けないようになっているのです。そしてその角質層に、ワックスエステルという油脂分があるために、みずみずしさと弾力のある肌を保つことができているのです。

ホホバにおけるワックスエステルの働きは保湿、水分の調整です。乾燥や太陽の直射日光などの厳しい環境下で自生するホホバが、水分の蒸発を防ぐために樹皮の表面をこのロウ類で覆っているのです。ワックスエステルは魚類に多く含まれており、植物において、これだけのワックスエステルの量を含んでいることは珍しいことなのです。

Copyright (C) ホホバオイルの効能を調査 All Rights Reserved