ホホバオイルとは ホホバオイルの効能 ホホバオイルの作用 ホホバオイルのこんな使い方 化粧品オイルに関して 代表的な化粧品オイルの種類

ホホバオイルの効能を調査

ホホバオイルのこんな使い方

ベビーマッサージ

ベビーマッサージは、親との深いスキンシップを行うことによって、赤ちゃんの精神安定や免疫力の向上や心身の発達を促したりする効果があると言われています。

マッサージを始める前に、まずは、自分自身がリラックスするように心がけます。親が緊張していると、その緊張が赤ちゃんにも伝わってしまいます。「やらなくては!」という義務感で行う必要はありません。赤ちゃんと自分がリラックスしている時にやってみましょう。

赤ちゃんにマッサージを行う時には、タッチは、ゆっくりと滑らかに、手圧を加えずに行います。慣れてくると手のスピードが速くなりがちですが、ゆっくりと眠くなるくらいの速さの方がリラックスすることができます。

オイルを手に取り、手のひらをこすり合わせ、オイルを温めます。オイルを使用するのは、肌への摩擦を抑えるためです。滑りが良くなるように、多めに手に取りましょう。 赤ちゃんを仰向けに寝かせます。しかし、嫌がる時は、赤ちゃんが自然のままの状態で行って構いません。

赤ちゃんの両肩、胸の辺りを包み込むようにやさしく手を置きます。手のひらは赤ちゃんの身体の曲線にぴったりと合うように密着させ、そのまま胴体の方向へ、胸、お腹を通り、腰の辺りまで手を滑らせます。これを3回行います。この動きをすることで、赤ちゃんに「今から、マッサージをするよ。」という合図を送ります。

3回目、腰の辺りまで、手が来たところで、そのまま足の付け根まで手を滑らせます。そして、親指と残り4本の指と手のひらで、股関節部分を包み込むようにし、そのまま左右に3回、手のひらを動かします。その手をそのまま、大腿部を包み込むように通り、足指まで進みます。最後は、足指を包み込むようにして、ゆっくりと手を離します。

ポイントは、赤ちゃんの身体に触れている時、手を密着させ、離れないようにすることです。しかし、圧は加える必要はありません。指先だけの接点になると、指先に圧が加わりやすくなり、つついているような感じになってしまいます。

後は、赤ちゃんが喜ぶ部分をゆっくりとさすってあげます。横向きにさせて、おしりや背中なども行ってあげるとよいでしょう。

Copyright (C) ホホバオイルの効能を調査 All Rights Reserved